UENOMIYA TAISHI FOOTBALL CLUB~上宮太子高校サッカー部のブログ~

上宮太子高校サッカー部の公式ブログです。試合や活動の様子を紹介します。

H28 7/12 私学大会1回戦 追手門学院戦

「第63回 大阪私立高等学校総合体育大会サッカー大会」の1回戦がJ-GREEN堺(S12ピッチ)で行われ、追手門学院高校と対戦しました。

(エンジ:上宮太子、青:追手門学院)














結果:1-1(前半:0-0、後半:1-1) PK4-2

年に1度の大阪私立高校が集まる大会「私学大会」の初戦は、3部リーグに所属する追手門学院との対戦でした。
前半は追手門学院ペースでの立ち上がり。攻撃のリズムがなかなか上がらず、パスカットされるシーンが多くありました。特に前線へのロングボールはことごとく相手DFに跳ね返され、逆にそこから簡単に攻め入られる場面も多くありました。守備のバランスも悪く、簡単にDFが引き出され、太子の左サイドから攻め入られるシーンが多くありました。決定的な場面こそあまり作られなかったものの、太子としても良いチャンスをつくれないまま、守備も後手に回って相手の支配率が上がるという前半でした。

後半は立ち上がり8分に失点。GKからのゴールキックが相手に奪われ、そこから中盤の選手へ渡り、GKが前に飛び出していたところを狙われ、ロングシュートが決まり先制。このボールに対しても競り合えず、またチェックも行けないまま真ん中からシュートが打たれてしまうという展開でした。そこから中盤の攻防が徐々に激しくなり、お互い身体を張った、また気持ちがぶつかりあう展開に。後半は守備での先手をつかみだしたところから徐々にリズムが良くなり、サイドハーフを起点とした攻撃ができつつありました。そこから流れが徐々に傾き、ラスト5分はほぼ攻めっぱなし。しかしここでも2度あった決定的チャンスをはずし、万事休すかと思われましたが、後半アディショナルタイム3分に、DFからのペナルティエリアへの良いロングフィードから混戦になり、そのこぼれ球をペナルティエリアの外からボレーシュートが決まり、劇的な形で同点に。そのまま後半終了となりました。

PK戦では太子が後攻に。1本目を追手門学院が先に外し、また3本目はGKがセーブ。逆に太子は4人全員が決めてPK戦を4-2で制することができました。

私学大会では5年ぶりの勝利。非常に劇的な形で勝たせていただくことができました。
しかし前半の内容は非常に悪く、守備が後手に回り、相手に簡単に縦パスやロングボールを蹴らせてしまったところからピンチを迎えるという内容でした。またパスもなかなかつながらず、フォローであったり、先を読んだ動きであったり、少しの距離を走るであったりというところがまだまだできておらず、結果自分たちが苦しむという形を作ってしまいました。

次の試合までにどれだけ修正できるか。意識を持って取り組んでほしいと思います。
次の試合は7/14(木)、2回戦は興国高校と対戦します。部員200名近くいる全国レベルの強豪校との対戦です。このようなチームとさせてもらう機会はなかなかありません。精一杯ぶつかって行きたいと思います。

今日は公欠で試合に行かせていただきました。学校では本日模擬試験も行われており、様々な配慮をいただいた中で今日1つの結果を出せたことは何よりです。しかしながら、周りの協力をいただいていることへの感謝も忘れず、気持ちを改めて次の試合に臨みたいと思います。

7/14(木)、J-GREEN堺S9ピッチで11:30kickoffです。
(大会の組合せにつきましては「大阪私立高等学校体育連盟サッカー部」のホームページ(http://www.osaka-shigaku-soccer.jp/)をご参照下さい。)