UENOMIYA TAISHI FOOTBALL CLUB~上宮太子高校サッカー部のブログ~

上宮太子高校サッカー部の公式ブログです。試合や活動の様子を紹介します。

H28 7/10 練習試合 高田商業高校戦(奈良)

7/10(日)、奈良県高田商業高校と練習試合を行いました。(@本校グラウンド)

(エンジ:上宮太子、青:高田商業)








結果:1-0(前半:1-0、後半:0-0)※40分×2
B戦:6-0(0-0、1-0、5-0)※30分×3


期末考査明けの試合は、非常に暑い天候の中での試合となりました。

本日は英検の2次試験と日程も重なっていた関係もあり、最初にB戦を30分3本行いました。
B戦の1本目、スコアは0-0でしたが、試合の入りから動きが悪く、暑さからかしんどさからか身体が動かない、また球際へ厳しくいけない、しんどいが先に来てしまい走れず、そこからピンチを迎えることもいくつかありました。
B戦の3本目はA・Bミックスでの試合。点を取るべき時に取り、また守るところをしっかり守ることができました。

さて、A戦は、前半立ち上がりから高田商業ペースで始まりました。自陣にボールを運ばれることが多く、サイドの裏のスペースを有効に使われ、あやうく失点しそうになる場面もありました。前線に速い選手がおり、また全体的にフィジカル・技術の高い高田商業さんは、太子の空いたスペースをうまく利用して攻めようとし、また中盤から激しいプレッシャーと球際の強さで高い位置からボールを奪おうというチームでした。それに対し、守備をする時間が長かったですが、前半13分にゴールキックを起点としたところから、相手の背後を取り、相手GKが飛び出していたところを良く見て押し込んで先制。その後も攻め入られる時間も長くありましたが、良くしのいだと思います。

後半は最初の時間帯は高田商業ペース。そこから徐々に太子ペースに変わっていきました。暑さの中もあるのか、相手も徐々に足が止まってきたところもあり、その隙をついて攻撃するチャンスも増えました。しかし、技術の高い相手に対し、後半に入ってもサイドや中央からドリブルで攻め入る選手に苦戦しました。身体を張っての守備が目立ったように思います。攻撃では、スペースができた分
相手陣内へ入る時間は増えましたが、長い距離を走らないといけない選手もおり、前線での余裕はほとんどありませんでした。

終わってみれば、上宮太子のシュート数は9本、高田商業が11本。しかし後半だけでみると太子が5本、高田商業が2本。前半にどれだけ攻められたかということが、シュート数が物語っています。今日は全体として守備の意識が高かったこと、身体を張ったディフェンスが見られたこと、熱い中集中を切らさなかったことが評価できる点だと思います。

試合終盤には気分が悪くなったり、試合が終わってから倒れ込んでしまったりする位激しい試合だったと思います。やっている選手たちは相当しんどかったと思いますが、こういう環境の中で守り勝てたというのは良い経験になると思います。逆にAチームは良く戦いましたが、Bチームはまだまだ体力面でも意識面でも低いように思います。チーム内でこの格差がどんどん広がってきているような気さえします。

これから夏がはじまります。チーム力を上げる夏、意識改革ができるような取り組みをしたいと思います。
明後日7/12(火)は私学大会の1回戦を迎えます。J-GREENで追手門学院と対戦します(13:15〜、@J-GREEN S12ピッチ)。
相手は強豪校ですが、まずは初戦突破できるよう、戦っていきたいと思います。